悩み相談 Q & A

いただきましたご相談に、担当者がお答えしています。ご参考になさってください。

ご相談内容をクリックすると回答が表示されます。

No.1 就学時健康診断について

■ 質問

来年4月に小学校に就学予定です。普通学級を希望していますが、まだどこにも相談はしていません。就学時健康診断のお知らせがきましたが、どうしたら良いでしょうか

■ 答え

ご存じの方も多いかと思いますが、就学時健康診断は、受けなければいけないものではありません。教育委員会に実施義務はありますが、子どもの受診義務はありません。就学時健康診断の最大の目的は、「障害」児を見つけだして、就学相談にかけさせ、子どもを支援学級や支援学校に送り出そうというものです。私たちは、長い間、この振り分けを目的とした就学時健康診断に反対してきました。そして多くの子どもたちが就学時健康診断を受けずに、地域の普通学級に入学してきました。

まずは、就学時健康診断には行かないことがよいと思います。どうしても行くという場合は、行った学校で「この学校に入りますのでよろしく」と伝えましょう。 就学時健康診断でチエックされると、就学相談にかかるように勧められます。これは、「相談」ですから、本人が希望しなければ受けなくていいものなのです。しかし、何も知らないと受けないといけないように思わされ、「相談だからいいか」と受けてしまうと、それは「相談」に名を借りた子どもの「就学 先判定機関」になっていて、一方的に「判定」が出され、あたかも判定に従わなければいけないような言われた方をされます。

困ったときには、一人だと不安だと思いますので全国連絡会に相談ください。また、全国連絡会から出されている「障害児が学校へ入るとき」(千書房刊・1600円)をお読みになると、詳しいことが分かります。


No.2  就学相談について

■ 質問

来年就学予定で、就学相談を受けたところ、「支援学校適という判定が出たので支援学校に行きなさい」と言われました。支援学校に入らなければいけないのでしょうか。

■ 答え

最近は、就学時健康診断のかなり前から「就学相談」を勧められ、相談に行く方も多いようですが、普通学級に行くことがはっきりしていたら、これも相談に行く必要はありません。それでも子どもの状態を伝えておきたいというときは、「就学相談」には申し込まず(申し込み票を提出しないで)「普通学級に入りたいので相談に来たのでよろしく」ということにして、あくまで普通学級に入るための「相談」という姿勢を貫いてください。

もし、「相談」を受けて判定が出されたときは、障害者基本法16条で、「保護者・本人の希望尊重」が明記されていますから、何を言われても、最後まで希望が変わらないことを伝えましょう。実際には、子どもの悪いところばかりとりあげ、これでは普通学級でやっていけないとか、周りが迷惑するとか、親子の希望を変えさせようとあらゆる否定的な言い方をして親子を不安にさせるこが多いです。悲しい話です。子どもができないから教育が必要なのです。その教育の場が普通学級であってはいけないなどという決まりはどこにもありません。どの場であろうと、どういう障害があろうと、学校や教委はその子を教育する責任があるのです。

ここで負けずに希望を言い続けてください。希望を変えないと就学通知を出さないような意地悪をするところもいまだに多いようですが、就学通知を出す責任は行政にあるのですから、「出さなくてもけっこうです。入学式には○○小学校に行きます。就学義務は親にありますから」と言えば、法令違反をしている行政は、逆にあわてるはずです。

困ったときには、一人だと不安だと思いますので全国連絡会に相談ください。また、全国連絡会から出されている「障害児が学校へ入るとき」(千書房刊・1600円)をお読みになると、詳しいことが分かります。


No.3 通学支援について

■ 質問

母親の体調が悪く、通学の送り迎えがむずかしいため、支援を頼んでいるのですが、認められません。他の地域で通学の支援を認めているところがあるか教えてください。

■ 答え

通学支援については、これまで認めようとしない自治体が多いという話を聞いていました。それは、移動支援に関して、通年かつ長期にわたる外出(例:通園,通学,施設・作業所への通所等)は認めないという縛りがあったからです。しかし、これを逆にみれば、期間限定ならば支援してよいともとれることから、最近では全国各地の自治体で何らかの条件はつけるにしても、通学支援を認めるようになってきています。

この相談があったときに、各地からの情報を求めたところ、以下のような情報がありました。

○愛知県のN市。「移動支援」が、障害者手帳(身体・知的など)所持の子どもの通学に認められている。(予算は、福祉)小・中・高校まで申請のすべての時間が認められ、全額給付。

○東京SI区。親の障害や疾病、就労などの事由により、学校やバスポイントへの送迎が必要と認められた場合、通学等の支援の支給を決定する

○大阪N市。(通学支援以外のことも含めて)障害のある児童生徒の就学保障のためにタクシーによる送迎を行い、介助員を各学校に配置する。医療的ケアの必要な児童については、看護師資格のある介助員を配置する。

このほか、東京SE区、A区、F市、H市、埼玉県の各地、北海道S市、神奈川県Y市、F市、新潟県N市で通学での移動支援の利用が認められています。寄せられた情報だけでもこれだけありますから、他の自治体でも、地域特性や利用者ニーズ等に応じ、それぞれの判断で実施されていることが考えられます。

○保護者の就労により送迎が困難な場合

○日中活動系サービス事業所、児童通所施設等へ通所する場合

○世帯に障害者が複数いる、ひとり親、虐待等、送迎困難と認められる家庭の事情がある場合

○保護者の疾病、入院等により一時的に通学時の送迎が困難となった場合

○通学ルートを覚えるための訓練として一時的に利用する場合

○冠婚葬祭等のために一時的に利用する場合 等々

万が一のときにもすぐに対応できるようになるといいですね。

再度、お住まいの自治体に行って、全国でこれだけの自治体が通学支援を認めていること、法的には問題なく、むしろ支援しないことが本来の主旨とは違うことをうったえてみたらいかがでしょう。子どもが学校に行けないとしたら、そちらの方がずっと大きな問題だと思います。


No.4  就学相談は受けたほうがいいですか?

■ 質問

地域の普通学級へ通わせたいと思っていますが、就学相談は受けた方が良いでしょうか?

■ 答え

はじめに結論です。地域の普通学級へ就学を希望されているのでしたら、就学相談を受ける必要はありません。就学相談を受けなくても、地域の普通学級に就学できます。就学相談を受けると、お子さんの就学先は「就学支援委員会」で検討されます。「相談」「支援」という言葉から、お子さんの普通学級への就学についてどのような支援が必要かなどの相談にのってくれると思われる方もいるかもしれません。しかし、地域によって若干の違いはありますが、多くの場合、依然として、就学相談とは名ばかりで、「その子にあった教育を」という建前のもと、子どもを判定し、就学先を振り分ける機関です。

就学相談を申し込むと、専門委員(教員)や心理士がお子さんを観察します。僅かな時間の観察・面談によってお子さんが「支援学校適」「支援学級適」と判定され、最終的には保護者の意向を尊重するとはいうものの、支援学校や学級への見学を勧められたり、普通学級での大変さを説明されたり、相談継続 という扱いでなかなか就学通知が来なかったりします。昨年の例ですが、就学相談を受けられた保護者の方が、「それまではとても丁寧で親切に対応していた区の方が、判定結果と違う希望を出したら、態度が急変しました。まるで、お上の言うことを聞かないとんでもない輩だという扱いをされました」と憤慨し ていました。普通学級に就学するのに、無駄な労力や嫌な思いをする必要はありません。

芦屋市では、数十年も前から「就学時健診」の前に、すでに「就学先の小学校」が通知されています。通知には、「表記指定の学校以外の学校(私立および国立等)に入学されるときは、その学校の入学承諾書をご持参のうえ、△月□日までにお届けください。特別支援学校へ入学されるときは、所定の手続きが必要となりますので、教育委員会までご連絡ください」と書かれています。秋の就学時健診の前の段階で居住地の学校へ就学通知が送付されています。そして、特別支援学校・支援学級を希望する場合には、別途、就学相談が行われているようです。石川県の金沢市でも2016年から9月上旬に就学時健診の通知とともに就学通知が送付されるようになったそうです。

原則、地域の普通学級。そして、希望する人が特別支援学校や学級へ行く。そのために就学相談を受けるのです。このような地域はまだ少ないのですが、これまでも就学相談や就学時健診を受けなくても、法律にしたがって、就学通知は1月末までに必ず来ています。特別支援学校や学級へ行くには、就学相談が 必要ですが、地域の普通学校へ就学するのに、就学相談は必要ありません。保育園の保母さんや幼稚園の先生に就学相談を受けるよう言われたりもしますが、「普通学級にいくので、就学相談は受けない。必要がない」とはっきり伝えましょう。

それでも、やはり不安ですよね。就学通知が届いた後、どの学校でも2」月はじめに開かれる新一年生保護者会で、お子さんの様子を学校に伝えることもできます。そこで、はじめて、その学校へ就学するための相談を具体的に始めていきましょう。

No.5  普通学級に就学したのですが…

■ 質問

教育委員会や学校とやりとりをして、ようやく小学校普通学級に入学しました。しかし、入学早々、子どもは落ち着かず、教室を飛び出したり授業中に声を出したりしているようです。このままで大丈夫でしょうか。

■ 答え

今の様子が、子どもの自然の姿と受け止めてください。ですから、無理に子どもにそういう行動をやめさせようとか、厳しく叱るとか、しないようにしてください。

子どもは、周りの様子を見ながら必ず変わっていきます。あせらずに、見守ってください。 私も教員生活を長い間続けてくる中で、1年生を何度も受け持ちました。それぞれいろいろ、おもしろい子どもたちに出会いました。

1学級に40人も子どもがいた時代でしたから、大変と言えば大変でした。あるときは、入学当初、ほとんどの子どもたちが緊張してちゃんと席に着き、担任の方を向いていたのが、入学後1週間もすると、少しずつ緊張も解け、授業中教室を抜け出したり、あちこち「探検」に行って休み時間が終わっても教室に戻ってこなかったりする子たちがでてきました。またあるときは、入学式のときから、式場を走り回ったりしている子もいて、次の日には教室で泣いたり、歩き回ったりする子もいました。そういう大騒ぎしながら、子どもたちは少しずつ変わっていきます。

ある子は、学校という新しい生活の場所に慣れていなかったのでしょう。入学直後から、教室に来るなり、怒って、上履きを脱ぎ、かばんを放り投げ、大声を出して、ということが毎日続き、いったいどうしたらいいか、私も困ってしまったこともありました。さすがに、いったいこれからどうなるのかと不安にもなりました。でも、困った、大変だと思っているうちに、いつの間にか、どの子も少しずつ変わっていくのです。まずは、3ヶ月、そして3学期、さらに3年問、あせらず見守っていけたらと思います。

先の例の子は、1年ぐらいかかりましたが、ほんとうに不思議なように変わっていきました。正直、この子については、ずっと無理かと思っていました。でも、勉強もその子なりにがんばるようになりました。場合によっては、3年ぐらいかかる子もいれば、もっとかかる子もいます。でも、ゆっくり待ちましょう。

先の例の子は、1年ぐらいかかりましたが、ほんとうに不思議なように変わっていきました。正直、この子については、ずっと無理かと思っていました。でも、勉強もその子なりにがんばるようになりました。場合によっては、3年ぐらいかかる子もいれば、もっとかかる子もいます。でも、ゆっくり待ちましょう。